「世界と日本を繋ぐ架け橋になりたい」
「個人間取引市場のリアル・グローバル化を実現したい」
そんな夢に向かって走り続けるwaja社長のブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
<< Mr.世界一周登場! | main | 受験 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サハラ横断!
ついに前人未到の大記録が打ち立てられました。

台湾人、アメリカ人、カナダ人の3人組が、世界で初めてサハラ砂漠の徒歩での横断に成功しました。

西アフリカのセネガルからモーリタニア、マリ、ニジェール、リビアを経てエジプトの紅海沿岸まで、その距離約7300キロ。111日間をかけて歩ききったそうです。

それにしても、一体どうやったらそれが可能なんでしょう。途中でオアシスはいくつかあるとは言え、水の補給だって難しいだろうし、食料だってもちろん必要です。運搬用のラクダがいたとしても、これだけの長い期間の荷物は積みきれません。それに砂漠の夜は相当冷え込むため、テントや寝袋の道具だってそれなりの量になるはず。

僕も何度か砂漠には行ったことがあります。インドでは3日駱駝に乗って砂漠を歩いたこともありますが、飲み水以外に料理をするにも水は必要だし、万が一切れたら大変だということで、たった3日間とは言えかなりの水を積んでいました。
(キャプテンコージの世界一周旅日記インド編「ゴールデン・シティ【前編】」)

4日間パタゴニアをトレッキングしたこともありましたが、川の水が飲み放題だったのでそんな心配はいらなかったし、111日間砂漠を歩くというのは想像できない世界です。

彼等3人の今回の冒険は、地球の水不足問題を訴えるという目的があるそうです。国連開発計画(UNDP)の後援でドキュメンタリーにもなるとか。だとすると、テレビカメラ始め撮影スタッフが付いていたということになります。ということは、、、ジープに水や食料を積んでいたとか???

そこが実際どうなのかによっては、この偉業の価値も変わってきますね。もちろん例えジープに荷物を積んでいたとしても凄いことは凄いですが。

サハラ横断はこれまでどれだけの人が挑戦してきたかは知りませんが、日本人でもかつて挑戦した人がいます。たった1人で1頭のラクダと共に横断を試みて、途中で渇死した上温湯隆さんの日記が砂漠で発見され、本になったのが「サハラに死す」。一度読んでみたいです。

サハラ。僕は山や海と同じくらい砂漠も好きですが、過酷なのは嫌だし横断は長すぎるので、いつかさくっと列車か車で縦断したいと思っています。

◎別に砂漠を歩きたいとは思わない人、クリックお願いします → 人気blogランキングへ
| ニュース | 23:14 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:14 | - | - |
コメント
サハラ砂漠で一番怖いのは強盗。つまり人間です。ルートなんてたかが知れてるし。地元の人には情報が届くと思う。
砂漠の中は外国人にとって無法地帯です。ちゃんとしたツアーやテレビ曲や何やらの応援がなけりゃ無理だと思います。
| | 2007/02/23 4:52 PM |
砂漠ものなら、サン=デグジュペリの「人間の道」がおすすめです。
当時、フランスの外人部隊でイラクに行った知り合いがいて、思わず送ってしまいました。
| dahon | 2007/02/23 6:13 PM |
検索できました。
私の高校の後輩が、サハラ横断に挑戦するそうです。
まわりはあまり大変さを認識できずにいますが、無事帰ってきてほしいと思います。

挑戦する男のページ↓
http://ameblo.jp/saharatraverser/
| YGC | 2009/10/18 10:19 PM |
コメントする