「世界と日本を繋ぐ架け橋になりたい」
「個人間取引市場のリアル・グローバル化を実現したい」
そんな夢に向かって走り続けるwaja社長のブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
<< フルフィルメント戦争 | main | サブスクリプション型ECは成功するか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
レスキュー隊に救助された!!!
真夜中。

遠くからかすかに消防車のサイレン音が・・・

救急車とパトカーも・・・

ドカッ!ドタドタ!ウィーン!

突然、家の中が騒がしくなる・・・

レスキュー隊員たちの叫ぶ声・・・

「意識はありますか!」

「脈拍○!血圧○と○!」

「小隊長!浴室の数値は?」

2歳の息子が怯えて隊員たちを見ている。。

やがて俺は担架に乗せられ運ばれた。。。




その数10分前・・・




「気分が悪いからこっちで休ませてくれ」と言って、俺は寝室に入った。

だが良くなるどころか、ますます吐き気と眩暈がひどくなる。

朦朧とする意識の中で、俺は唸り声を抑えられなくなった。

妻が電話している。

「突然様子がおかしくなり・・・」

「はい、自力では病院に行けない状態で・・・」




さらにその数時間前・・・




「よーし、このブラックジーンズをグレーにしてやるぞー」
と意気込んでバスタブに水を張り、漂白剤を入れ、ジーンズを浸した。
一気に色を落とそうとして、漂白剤を大量投入。

混ぜるな危険!でお馴染みの、塩素系漂白剤。。。

しばらくして様子を見たら、ひどい色ムラが!
慌ててビニール手袋をはめて水をかき交ぜ、ジーンズの位置を直した。
バスタブに上半身を突っ込む形で。
その時、吸い込んでしまったらしい。。。
注意書きをよく読み、換気もしていたのだが。。。




救急相談に妻が状況を伝えて全て手配してもらったのだが、
塩素系漂白剤は使い方によっては化学兵器にもなり得る毒性があるらしく、
万が一の事故に備えてレスキュー隊も防毒マスク抱えてやってきて、
一般でも殺人に使われることも少なくないそうで(夫殺しとか・・)、
そのために警察も来たらしい。

狭い我が家に10人以上の男たちが入り大騒ぎ。
エレベーターホールにも非常階段にもマンションの外にも男たちが。
全部で、救急車1台、パトカー1台、消防車は3台も来ていた。

俺は、担架の上で恥ずかしくて毛布を顔まで被り、
片目だけうっすら開けて周りを見ていたが、
野次馬たちの好奇の視線が痛かった。。




翌朝帰宅。




怯えていた息子に「怖い思いさせてごめんな」と言うと、
憧れのレスキュー隊を間近で見れて興奮していたらしい。。。

いやでも、1人で病院に行くと言った俺に向かって、
「やだー!一緒に行くー!」と息子は泣きすがっていた。
「心配してくれてありがとうな」と言うと、
救急車に乗りたくて仕方がなかったらしい。。。




ジーンズは、、、健闘空しく、色ムラがひどく失敗だった。
| 日記 | 19:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 19:11 | - | - |
コメント
翌朝に帰って来れるくらいですんでよかったです。お疲れさまでした。今度は気をつけて。
| シエナ | 2012/01/18 5:09 PM |
純粋な素敵なお子さんですね^^
| tomo | 2012/05/24 10:41 AM |
コメントする