「世界と日本を繋ぐ架け橋になりたい」
「個人間取引市場のリアル・グローバル化を実現したい」
そんな夢に向かって走り続けるwaja社長のブログです。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
<< シークレットセール 〜サンプル品の魅力〜 | main | フルフィルメント戦争 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
原点
今日、久しぶりに母校ハンドボール部の練習に行ってきた。
案の定、体は動かないし、すぐ息は切れるしだったけど、
収穫は物凄く大きかった。


ここは自分の原点。

素晴らしい顧問の先生と鬼の先輩たちと苦楽を共にした仲間たちに、
大切なことをたくさん教わった。

一生懸命ひたむきに頑張ること、仲間を信じること、結果を残すこと、
それが凄く大きな財産になること。

学校教育の在り方や親の姿勢が大きく変わってしまった今も、
その先生はやり方は変えても同じ信念を持って子供たちに向き合っている。

そして同じ学校の先生になり、ハンド部の顧問になった自分の同期が今、
それを受け継ごうとしてる。

そうやって大切なことを繋いでいく。


経営をしていて重視することは年々変わってきている。
変わるというより、増えていく。

最初はただ自分のやりたいことをやる場所だった。

ユーザ(バイヤーや購入者)が付いてくるに従い、
自分の作るサービスを喜んでくれる彼らのために頑張ろうと思った。

そして組織にして4年、スタッフが約40人になった今、
みんなを自分の子供のようにかわいく思い、
みんなを幸せにしたいというのを強く感じる。

まだまだひよっこ経営者の自分には良く分からないけど、
なんとなく、先生が思っている感情に近いんじゃないかと思う。

自分が子供の頃、部活を通して教わった大切なことを、
wajaのスタッフたちに、仕事を通して伝えていきたい。


そして、自分も成長していく。
先生も、教育を通して、子供たちを通して、
たくさんのことを学んで成長してきたと言う。
気付けば、あの頃の先生よりも今の自分の方が年上だ。

自分もそうありたい。
みんなと一緒に成長して、大切なことを伝え続けて行きたい。


なお、これはお披露目翌日の人工芝コート!

ボールもちゃんと跳ねるし、ストップも効くし、
倒れこんでも摩擦で火傷もしない。
水はけもよく、当然白線も芝の色だから消えない。

素晴らしい!
これまでの砂のコートとは比べ物にならない。

これでまた東邦に黄金時代が来るのを期待したい。

| 日記 | 01:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:31 | - | - |
コメント
いいお話。。。

こんな社長さんを持つ40人の社員の方たちは幸せだね。

東邦の芝コート、見違えるね。
| Tsugumi | 2011/07/11 2:23 PM |
お久しぶり!
部活に打ち込み学んだ事を、仕事や人生に活かしているなんてすごいね!
(偉そうなこと言ってごめんね)
これからも、ますますのご活躍お祈りしています!
また会えるの楽しみにしているよ!!
| Mizuki | 2011/07/12 8:46 PM |
コメントする