「世界と日本を繋ぐ架け橋になりたい」
「個人間取引市場のリアル・グローバル化を実現したい」
そんな夢に向かって走り続けるwaja社長のブログです。
<< September 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
CATEGORIES
SELECTED ENTRIES
ARCHIVES
SEARCH
RECOMMEND
RECOMMEND
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サブスクリプション型ECは成功するか
最近、サブスクリプション(定期購入)型ECが注目されている。
スタートアップのベンチャーだけでなく、ついにmixiまでやり始めた。
そしてこのサービスの多くはファッションだ。


で、


日本では、成功しないと思う。




昔、僕の師匠のような方から教えられたことがある。

『マーケティングとは、相手の気持ちになって考えることだ』

とてもシンプルだけど、商売の本質だと思う。



相手の気持ちとは、ニーズに置き換えられる。
ニーズには、顕在ニーズと潜在ニーズがある。

「今誰かが求めている」 「きっと誰かが求めるはずだ」

ビジネスは、ここから始まるものだと思う。
そしてそのニーズがある程度大きくないとビジネスは成立しない。
ニーズは定量化できるものばかりじゃないから、ボリュームの予測には感覚値が入る。
ここはセンスと想像力だ。



サブスクリプションECを作る人は、そこを本気で考えているんだろうか。
自分自身が求めるサービスなのか。
イメージできる人物像が求めるサービスなのか。

どんな人がどんなシチュエーションで求めるんだろう。
それなりのファッションはしたいけど自分で選ばない人ってどんな人だろう。
自分で選ばない人は、選ばない理由って何だろう。
その理由=課題を解決するためには何が必要だろう。

これらをとことん考えて、考え抜いた結果の答えが、サブスクリプションだったのか。



「アメリカでこんなモデルが流行ってるらしい」
「へー、そんなニーズがあるのか」(もうニーズの存在を肯定!)
「よし、やろう!」

というような流れで作ってはいないだろうか。



とりあえずやってみよう!という精神がダメなわけじゃない。
むしろ応援するし、自分もそうやって起業した。
でも、そこには「絶対にイケるはずだ!」という自信が必要だ。
例えその自信が主観だけから来るものであったとしても。
もしくは、「絶対にこんな世界を作りたい!」という強い願望。
そこにはきっと何らかの実体験があるはず。

今あるサブスクリプション型ECには、そのどちらも欠けているように見える。

それが、きっと成功しないと思っている理由。


成功したら、、、その時は失礼しました。
僕の想像力が欠けていました。




wajaの場合、「こんな世界を作りたい!」から始まった。

世界中の発見を日本に届けたかった。

日本の人たちに世界を見てほしかった。

届けたい人も、世界を見て幸せになる人もきっとたくさんいると思った。

だから「絶対にイケる!」と思った。

そして、今でもその思いは変わらない。

だから、成功する。

はず。




※なお、サブスクリプション自体を否定しているわけでもありません。
 飲食や化粧品など、フィットするカテゴリはあります。
 そこにニーズがあれば。
| waja(ビジネス) | 14:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
レスキュー隊に救助された!!!
真夜中。

遠くからかすかに消防車のサイレン音が・・・

救急車とパトカーも・・・

ドカッ!ドタドタ!ウィーン!

突然、家の中が騒がしくなる・・・

レスキュー隊員たちの叫ぶ声・・・

「意識はありますか!」

「脈拍○!血圧○と○!」

「小隊長!浴室の数値は?」

2歳の息子が怯えて隊員たちを見ている。。

やがて俺は担架に乗せられ運ばれた。。。




その数10分前・・・




「気分が悪いからこっちで休ませてくれ」と言って、俺は寝室に入った。

だが良くなるどころか、ますます吐き気と眩暈がひどくなる。

朦朧とする意識の中で、俺は唸り声を抑えられなくなった。

妻が電話している。

「突然様子がおかしくなり・・・」

「はい、自力では病院に行けない状態で・・・」




さらにその数時間前・・・




「よーし、このブラックジーンズをグレーにしてやるぞー」
と意気込んでバスタブに水を張り、漂白剤を入れ、ジーンズを浸した。
一気に色を落とそうとして、漂白剤を大量投入。

混ぜるな危険!でお馴染みの、塩素系漂白剤。。。

しばらくして様子を見たら、ひどい色ムラが!
慌ててビニール手袋をはめて水をかき交ぜ、ジーンズの位置を直した。
バスタブに上半身を突っ込む形で。
その時、吸い込んでしまったらしい。。。
注意書きをよく読み、換気もしていたのだが。。。




救急相談に妻が状況を伝えて全て手配してもらったのだが、
塩素系漂白剤は使い方によっては化学兵器にもなり得る毒性があるらしく、
万が一の事故に備えてレスキュー隊も防毒マスク抱えてやってきて、
一般でも殺人に使われることも少なくないそうで(夫殺しとか・・)、
そのために警察も来たらしい。

狭い我が家に10人以上の男たちが入り大騒ぎ。
エレベーターホールにも非常階段にもマンションの外にも男たちが。
全部で、救急車1台、パトカー1台、消防車は3台も来ていた。

俺は、担架の上で恥ずかしくて毛布を顔まで被り、
片目だけうっすら開けて周りを見ていたが、
野次馬たちの好奇の視線が痛かった。。




翌朝帰宅。




怯えていた息子に「怖い思いさせてごめんな」と言うと、
憧れのレスキュー隊を間近で見れて興奮していたらしい。。。

いやでも、1人で病院に行くと言った俺に向かって、
「やだー!一緒に行くー!」と息子は泣きすがっていた。
「心配してくれてありがとうな」と言うと、
救急車に乗りたくて仕方がなかったらしい。。。




ジーンズは、、、健闘空しく、色ムラがひどく失敗だった。
| 日記 | 19:11 | comments(2) | trackbacks(0) |
フルフィルメント戦争
 最近、アパレルeコマースにおけるフルフィルメントの動きが活発だ。



<最近のフルフィル関連の主なニュース>

.侫.奪轡腑鵐Εーカー、フルフィル再構築に着手

▲瀬ぅ▲皀鵐疋悒奪鼻DHLと提携しEC支援を展開



<メーカーとマーケットプレイスにおけるフルフィルのあり方>

フルフィルメントは、ECの中でコストの大きな部分を占める。
しかし、初期投資、業務フローの改善、リソースの確保や教育など
構築から運用にかかる諸々のコストやリスクを考えると、
メーカーが自社で持つには重すぎるため、外注という選択肢は自然だ。

ユナイテッドアローズやビームスも以前には内製フルフィルの自社ECを開設したが、
それぞれ短期間でクローズして、今はスタートトゥデイに外注している。

青山商事のように規模と長期戦略がない限り、
今後もメーカーがフルフィルを外注するという流れは続くだろう。


メーカー側だけでなく、マーケットプレイスでも同様で、
これまでamazonやZOZO以外のマーケットプレイスの多くは
メーカーから受けた商品のフルフィルを3PLへ外注していた。

しかし、当然そこにはコストが発生するため、
競争力に大きく影響して来る。

ZOZOが売上と同時に利益率も伸ばし続けているのに対し、
マガシークやスタイライフの利益率が非常に低いのは、
フルフィルが内製か外注かにも寄る所は大きい。
マーケティングなど販売側の違いが注目されがちだが、
フルフィルコストを広告宣伝費やマーケ費に充てられることを考えれば、
コスト構造も含めたモデル全体の勝負とも言える。

マガやスタイライフがどんなに販売側を強化しても、
今のままではまずZOZOには追いつけないだろう。
(あれ?スタイライフって外注?のはず・・・)

ファッションウォーカーがフルフィルを内製化するというのは、
こういった危機感も十分に持ってのことだろうし、
マーケットプレイスとしてあるべき姿だと思う。


ここまでで整理すると、メーカーはマーケットプレイスに外注、
マーケットプレイスは内製、というのが主流となり、
フルフィル戦争は、マーケットプレイス間で起こることになる。



<新たなフルフィル事業の展開>

一方で、ダイアモンドヘッド(DH)社のように、
3PLも新たな方向性と強みを打ちだそうとしている。

ここはメーカーをターゲットにして、
効率化によるコスト削減だけではなく、
今回のDHLとの提携のようにサービスの幅も広げようとしている。

特に、プレビューシステム(画像共有)と
ストックコントロールシステム(在庫共有)では、
複数のEC(自社ECに加え、他マーケットプレイスも含む)で
同じ画像と在庫を使おうというもので、
これが広がればメーカーの在庫を一元管理することができる。


実はこれ、去年11月にスタートトゥデイがヤフーとの事業提携の際に、
FDB(ファッション製品データベース)事業として発表している。

画像や採寸を含む製品情報を共有するということは、
一度その製品は物理的にSTに預けられるということで、
これに在庫共有を加えればDHの構想とほぼ同じだ。

今回、DHがSTよりも早くスタートした形になった。

ただ、メーカーからすればリプレイスのハードルはあまり高くない。
それがZOZOで出店しているブランドであればなおさらだし、
恐らくSTはフロントもバックも全て取ろうとしているはず。

DHとしては、DHLとの連携を通したグローバル展開のニーズ開拓や、
他のマーケットプレイスとのIFの親和性などの強みで対抗か。


フルフィルの事業に新たなレイヤーが現れ、
そこでも戦争が起こってくることになりそうだ。



<フルフィルの今後とwajaのポジション>

近年、EC中心に小売りの販路は増え、
ソーシャルメディアの活用などツールの変化は激しいが、
物を売るのに今後も絶対変わらず必要なのは物流であり、
ECだったらフルフィルは欠かせない。

あまりユーザの目には映らない地味な世界だが、
今後ますますフルフィルにおける競争は激化してくるだろう。

wajaは、ECの中でもC2Cにおけるフルフィルという点で、独自路線だ

C2C(=品番あたりのロット数が超少ない)でのフルフィルは、
「そんな面倒なこと儲からないでしょ」と言われ続けて来たが、
だからこそ差別化であり参入障壁だと信じて
業務効率化を極めるべくストイックに改善を重ね続けてきた。


ただ、ここも市場が大きくなれば当然戦争は起こる。
WWDでwajaとBUYMAが「バイヤー系ショッピングサイト」と括られていたが、
リユースマーケットも合わせてC2C市場と考えれば、
フルフィルではブランディアやクラウンジュエル(→ST)も加わる。

『最強のフルフィルメント』を謳うwajaは、
登録業務の標準化、スタジオあたり撮影スピード、画像加工の自動化など、
商品あたりの業務効率化で見れば最強かもしれないが、
規模を見れば全然最強ではない。
(C2Cではまだ大規模フルフィルは存在しない)

早く規模を拡大して、効率化を維持・向上させ、
自他共に認める最強にならないといけない。


| waja(ビジネス) | 18:39 | comments(0) | trackbacks(2) |
原点
今日、久しぶりに母校ハンドボール部の練習に行ってきた。
案の定、体は動かないし、すぐ息は切れるしだったけど、
収穫は物凄く大きかった。


ここは自分の原点。

素晴らしい顧問の先生と鬼の先輩たちと苦楽を共にした仲間たちに、
大切なことをたくさん教わった。

一生懸命ひたむきに頑張ること、仲間を信じること、結果を残すこと、
それが凄く大きな財産になること。

学校教育の在り方や親の姿勢が大きく変わってしまった今も、
その先生はやり方は変えても同じ信念を持って子供たちに向き合っている。

そして同じ学校の先生になり、ハンド部の顧問になった自分の同期が今、
それを受け継ごうとしてる。

そうやって大切なことを繋いでいく。


経営をしていて重視することは年々変わってきている。
変わるというより、増えていく。

最初はただ自分のやりたいことをやる場所だった。

ユーザ(バイヤーや購入者)が付いてくるに従い、
自分の作るサービスを喜んでくれる彼らのために頑張ろうと思った。

そして組織にして4年、スタッフが約40人になった今、
みんなを自分の子供のようにかわいく思い、
みんなを幸せにしたいというのを強く感じる。

まだまだひよっこ経営者の自分には良く分からないけど、
なんとなく、先生が思っている感情に近いんじゃないかと思う。

自分が子供の頃、部活を通して教わった大切なことを、
wajaのスタッフたちに、仕事を通して伝えていきたい。


そして、自分も成長していく。
先生も、教育を通して、子供たちを通して、
たくさんのことを学んで成長してきたと言う。
気付けば、あの頃の先生よりも今の自分の方が年上だ。

自分もそうありたい。
みんなと一緒に成長して、大切なことを伝え続けて行きたい。


なお、これはお披露目翌日の人工芝コート!

ボールもちゃんと跳ねるし、ストップも効くし、
倒れこんでも摩擦で火傷もしない。
水はけもよく、当然白線も芝の色だから消えない。

素晴らしい!
これまでの砂のコートとは比べ物にならない。

これでまた東邦に黄金時代が来るのを期待したい。

| 日記 | 01:31 | comments(2) | trackbacks(0) |
シークレットセール 〜サンプル品の魅力〜
wajaのシークレットセールが、いよいよ始まります!

このシークレットセール、海外では「フラッシュセール」と言われることが多いですが、会員限定、期間限定のセールのことを言います。
欧米では既に大きなマーケットになっていて、去年からGILT、GLAMOUR SALES、BRANDS FOR FRIENDSなどの大手サイトが続々と日本に進出してきています。
wajaは日本代表!として、頑張って対抗していきたいと思っています。

一般的にフラッシュセールとは、ファッションブランドが昨シーズン以前の在庫(キャリー品)を処分するために使われるもので、これまではブランドや商社、輸入代理店などが主催するファミリーセールや、百貨店の催事で行われていたものを、インターネットで実施するものです。

ブランドにとっては、セール(=安売りをすること、キャリー品を売ること)はブランディング的にもあまり表立ってやりたくないため、限定された場所で行うことでブランドイメージを損なわないというメリットがあります。

ユーザにとっては、お得にお買い物ができるというメリットがあります。

しかし、インターネットでモノを売るためには、ページを作成するコスト(商品の検品、写真の撮影・加工、情報の登録など)が結構かかってしまうので、コストをかけて作った1つのページでの売上を大きくするために、それなりに在庫の数がある商品しか販売できませんでした。

そうなると当然、ブランドは小ロットの在庫は売ることができない、ユーザからすればたくさんある在庫(≒あまり魅力的ではないもの?)しか買うことができないという一面もありました。

ただしそれは、“従来の”フラッシュセールの話。
フラッシュセールには限らないですね。インターネット販売全般に言えることです。

wajaは、ページを作成するコストが圧倒的に小さいため、例え1点しか在庫がなくてもその商品を売ることができます。

これにより、ブランドは小ロットの在庫も売ることができる、ユーザはシーズン中にほとんど売れてしまった良い商品を買うことができるのです。

さらに、サンプル品(卸先向けの受注会やメディア向けPRに使う/全て1点もの)もwajaでは販売されています。
中にはあっという間に売り切れてしまった人気商品もありますし、受注が付かずまさに日本(ひょっとしたら世界)で1つしかないお宝もあります。
これまでは、アパレル関係者や社員だけが行けるファミリーサイトでしか、そういったサンプル品を買うことはできませんでした。

ブランドの中には、基本的に受注があった商品だけを本国に発注して輸入するため、サンプル品しか“在庫”を持たないところが多くあります。
そういったブランドは、従来のセールサイトでは売ることができませんでした。
でも、wajaなら売ることができます。
(ブランド公式アウトレット、シークレットセールで「sample」と表示されています)

サンプル品を買える。あまり注目されていないかもしれませんが、wajaの魅力の一つだと思います。

ちなみに、シークレットセールを見るにはユーザ登録が必要です。
これからユーザ登録するという方、登録画面「wajaに一言」欄に、『waja secret』と入力すると、今なら1000円のクーポンがもらえます!

wajaのシークレット、素敵な商品がたくさん販売されています。
是非ご覧ください!!


| waja(ビジネス) | 01:40 | comments(0) | trackbacks(0) |
wajaチャリティーフリマ開催します!
wajaで販売期間を終了して処分扱いとなった商品や
検品の結果欠陥が見つかって販売停止となった商品を、
フリーマーケットに出すことになりました。

日時:5月8日(土)10:00〜16:00
場所:としまえん(練馬区)
http://www.toshimaen.co.jp/pickup/fleamarket.html

売上は、世界の役に立つようなことに寄付する予定です。
(寄付先などは後日スタッフブログにて)

これはwajaの社会貢献活動の第1弾として、
商品を出品していただいているバイヤーさんも、
商品を購入していただけるお客様も参加できる企画にしました。

wajaは『世界と日本を繋ぐ架け橋に』という経営理念を掲げており、
事業では世界の発見や魅力を日本に届けるというテーマで取り組んでいますが、
この企画は日本から世界に届けることがテーマになります。

出店される商品は、後日スタッフブログで告知されるかもしれませんが、
掘り出し物どころか普通に素敵な商品がたくさんありそうです。

みなさんご家族ご友人お誘い合わせの上、是非ご来場ください。
僕も朝から売り子しています!



| waja(ビジネス) | 10:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
笑顔のお葬式
先週、僕の祖母が亡くなり、お通夜とお葬式に行ってきました。

もうすぐ1際になる息子も、僕と並んで最前列に座っていたのですが、
お坊さんの読むお経とリズミカルな木魚が非常に気になったらしく、
お坊さんのすぐ後ろ、お焼香台の横くらいまでハイハイして行くと
僕に連れ戻されるというのをしばらく繰り返していました。

一度放っておいたら、木魚を置く台にしがみつき、
リズムに合わせてその台を揺さぶり始めたので、
これはマズイと思って慌てて連れ戻すと、
参列者のみなさんは全員声に出さず満面の笑みで笑っていました。

斎場の係の人もそんな息子の写真を撮っていました。
式が終わってもみんなその話題で爆笑。
お坊さんもなんなら叩かせてやりたかったと言っていました。

祖母は100歳(数え年)で老衰死ということ、
近しい親族だけののどかな式だったから許されたとは思いますが、
たまにはそんな楽しいお葬式があってもいいかなと。
| 日記 | 00:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
RENEWAL
wajaがリニューアルして、「wajaブランド公式アウトレット」がスタートしました。

これまでバイヤーセレクトで培ってきたwajaのノウハウ。
それは、在庫1点から出品できる『超小ロットオペレーション』です。

普通、売主の商品を預かって販売を行う委託販売サービスは、
在庫の奥行きをある程度必要とします。
検品・登録・撮影・画像加工というのはそれなりのコストがかかるので、
商品を販売するページを作ったらそのページでいくつか商品を売らないと
コストをかけた分の元が取れないからです。

wajaのバイヤーセレクトは、ほとんどの商品が1点ものです。
だから最初から、1ページ作ったら1個しか売れないことを前提に
システムと業務の構築を行ってきました。

だから、できるんです。
思想が違うんです。

その結果、「wajaブランド公式アウトレット」には、
他のサイトでは売られていない商品やブランドが集まってきます。

アパレルのインポートは、ドメスティックに比べて多品種小ロットの傾向にあります。
それが在庫品となると、ますますロットは小さくなります。
サンプル品なんて、ほぼ全てが1点ずつです。

そういった在庫品を売る場所がインターネット上にはありません。
いくつか先行するアウトレットサイトはありますが、超小ロットには対応できないため、
在庫の奥行きがある商品以外は売ることができないのです。

在庫の奥行きがある=たくさん残っている在庫ということになり、
ユーザにとって魅力があるのはあまり残っていない在庫です。
wajaではそういった魅力のある商品を売ることができます。

ユーザからすれば、他では見ることができないようなブランドや商品があるんです。
これから、どんどん参加ブランドが増えていきます。
是非、楽しみにしていてください。
| waja(ビジネス) | 00:48 | comments(1) | trackbacks(0) |
ついに明日・・・
 明日12月3日、長い期間かけて準備してきた、wajaの超BIGリニューアルを迎えます。

「wajaブランド公式アウトレット」
「セレブファッション」

の2大コンテンツが新たにスタートします。

でも、まだ準備は完了していません!
僕の目の前にいる制作部は、老体にムチ打って徹夜続きのDを始め、みんな少しおかしなテンションになりつつあります。
でも後1日、がんばって乗り越えよう!!!

みなさん、明日のwajaをお楽しみに。

新たな歴史の始まりです。
| waja(ビジネス) | 18:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
シャネルの女神と・・・?!
来春公開の映画「シャネル&ストラヴィンスキー」のパーティに招待されて、
フランス大使館に行ってきました。

このパーティには、映画の主演女優、ココ・シャネル役で、
実際に今のシャネルのミューズ(女神)でもある、
アナ・ムグラリスが来るということもあって、
報道陣も凄い数で、有名人もたくさん来ていました。

大地真央、道端カレン、マリエ、デヴィ夫人などなど、
綺麗な女優さんやモデルさんや夫人もたくさんいたのですが、
その中でもやはりアナは別格で、物凄いオーラを出しまくっていました。

終始たくさんの人がアナのもとに集まっていて、
紹介される人と挨拶をして写真を撮ってが繰り返されていたのですが、
その流れが一瞬途切れ、なんと、アナが近くにいた僕に
低くセクシーな声で話しかけてきたのです。

A.「あなた、火持ってない?」
 (タバコを出しながら)

K.「持ってますけど、喫煙は外のテラスだけみたいですよ」

A.「大丈夫よ。私は今ココ・シャネルなんだから!」
 (首をちょっと前に出して、いたずらっ子のようなウィンク)

K.「そうですね!じゃあどうぞ」

と、僕の100円ライターで、アナのタバコに火をつけてあげたのです!!!

人のタバコに火をつけることでこんなに興奮したのは生まれて初めてでした。


僕は会場内でタバコを吸えないので、後半はずっとテラスで飲んでいました。
いつでも喫煙コミュニティというのはすぐできるもので、
そこでもいつの間にか僕を含めて4人グループができていました。

そのうちの2人はフランス大使館員だったのですが、
もう1人のアジア系の男性はやけに大きくてイケメンだなと思っていたら、
フービンという華流スター(?)でした。
http://www.hualiu-special.jp/pd/hu/index.html

久々のインターナショナルな交流で、こんな華やかな場なのに、
なんだか旅先の安宿のような感覚を思い出して凄く楽しかったです。


後日、いろいろ写真をアップします!
Check
| 日記 | 23:53 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/16PAGES |>>